Blog

Blog
⚫️ 本校では、TOEFL/ IELTS/ SAT 対策コースでは、単語力増強トレーニングを行います。独学では、限界を感じておられる方はぜひご受講ください。



ボキャブラリー増強のススメ
Message from Jay.

本校には、アメリカからの帰国生がSAT(大学能力評価試験)の対策に来られることがあります。SATは現在アメリカ国内で一番広く大学受験に使われているテストです。私もアメリカの高校生だった頃、難語(と当時は思われた)英語の単語を地道に確実に覚える努力をいたものです。大学に入学して困らない程度の単語ですから、the SAT focuses on academic words.ということになります。アカデミックな単語が中心になっているわけです。TOEFLで出題される単語よりはすっと難しい。しかし、きちんと勉強してきたア読解・聴解あわせて飛躍的に伸びます。必ず伸びます。
先日、通訳トレーニングに来られている受講生の方たちに、SATのボキャブラリーテストを実施したところ、なんと100%中、30%を下回る方もおられました。大変残念です。人間の「思考」の土台となるのは、「言葉」です。人間は言葉を使って考えています。貧弱な単語力では、貧弱な思考しかできません。「たった10語でできる英会話」なんていうキャッチプレーズでお手軽さを宣伝しているテキストがありますが、10語では、結局、その程度に底の浅い会話しかできないということです。俳句や和歌じゃないんですから。

大学で IELTS対策授業をされている Jay Hirota 先生。







⚫️ 帰国生対象・SAT/ TOEFL 対策レッスン



海外からの帰国生 (一時帰国生)のご要望に応じて、SAT や TOEFL のカスタマイズプランをご提案しています。



本校の主任インストラクターは、アメリカとイギリスの大学の教授経験が長く、日本の大学でもTOEFLのテスト対策指導を長年行ってきました。テスト対策の専門家だけではなく、日本の大学の事情にも大変詳しい専門カウンセラーの受講カリキュラム相談・進学相談をぜひお受けください。

本校は、専門インストラクターとの1対1のプライベートレッスンとなっておりますので、受講される場合、早期にご相談をされることをお勧めしております。カウンセリングは無料で行っておりますので、ご予約をお取りの上、ご都合の良い時にご来校ください。


また、現在の英語力がご不明な場合は、無料チェックテストを受けていだけます。

詳細は、メールまたは電話にてお気軽にお問い合わせください。




⚫️ 英会話レッスン

J’s School of English の英会話レッスンは、日本の学校教育の中で英語を学んできた日本人のためのレッスンです。インストラクターは、日本語と英語のふたつの言葉に精通したバイリンガル・スピーカです。わからないことは、日本語で質問できます、また、インストラクターもむずかしい点は日本語でわかりやすく説明しますので、決して消化不良にはなりません。

好評のため、「お試しレッスン」の受講申し込みはお1人様、1度限定とさせていただきます。


お試し料金: 2 回 10,000円 (1回 40分・テキスト代込み・税別) お試しレッッスン後、正式に入学される場合は、入学金が発生します







英会話が上達する3つのポイント


1. 英会話は「日本語で考える」ことを前提にしましょう。

英会話をするときは、英語で考えて英語で話すべきだ、とよく言われます。でも、現実はどうでしょうか。決まり文句だけで英会話ができるのならば、定型表現をたくさん覚えるだけで、それも可能かもしれません。しかし、何か自分の言いたいことを英語で伝えようとするとき、大方の日本人は「日本語で考える」のです。ですから日本語から英語へとスムーズに作文する「英作文」力を鍛えるのです。特に、初心者の日本人学習者には大切なプロセスと言えます。本校には、通訳トレーニングから生まれたオリジナルの英会話メソッドがあります。

2. 英会話には「使える文法」の知識が必要です。

自分の気持ちや考えを日本語から英語へと正確に「作文」するには、英語の文法の知識が不可欠です。英会話に伸び悩んでいる人、基本からやり直したいと思っている人、そういう方たちは「使える文法」を学んでください。いくら高度な内容の英会話をしようとしても、使う英語そのものが未熟な誤りだらけでは、相手の失笑を買う原因になりかねないからです。本校の英会話レッスンからは現代の生きた英語の文法がしっかり学習できます。

3. 英会話には「目標とレベルに合ったプライベート・レッスン」が効果的です。

プライベートレッスンでは、あなたに最適の英会話レッスンを提供できます。 発話量が少ないと、残念ながら短期間で英語を話せるようにはなりません。成人の場合は、まず日本語で言いたいことを考え、英語に移行し、その後だんだん速く話すというトレーニングを積み重ねることでしか英会話スキルは上達しません。 日本人の英語学習者の弱点と問題点をよく知っている英会話のレッスンプロについてトレーニングすることで、英会話スキル上達の速さと質が高まります。


英会話挫折のスパイラルから抜け出し、英語が話せるあなたになれるレッスンがあります!


インストラクターは教授経験豊かな日英バイリンガル・スピーカーです!




Jay. H. Hirota (US/ San Francisco State University Graduate school)




Kelly Kawashima (UK/ Rose Bruford College)



今すぐ詳細を問い合わせる


受講生メッセージ

Yuko Shibataさん (英会話レッスン受講・0L)

会社では英語が必要になる部署に回されて、本気で英会話を習う決心をしました。でも、 英語だけのレッスンには抵抗がありました。わからないことは日本語で説明を聞きたい、教えてほしい、そう思ってJay 先生に習うことになりました。 先生は10代の頃から大学院を出て、アメリカの大学で教えられるまで、ずっとアメリカで生活されていただけあって、ネイティヴの先生と同じです。違いは、通訳をされているだけあって、日本語がとてもわかりやすくてきれいです。先生のレッスンはほんとうに楽しく、1時間のレッスンがあっという間にすぎます。




⚫️ 通訳ガイドレッスン



お試し料金: 入学金免除 2 回 15,000円 (1回 60分・テキスト代込み・税別)
お試しレッスン後、正式に入学される場合は、入学金が発生します

好評のため、「お試しレッスン」の受講申し込みはお1人様、1度限定とさせていただきます。


 日本を訪れる外国人旅行者の数は2000万人に迫る数を記録しています。京都の街中では観光をする外国人旅行者が著しく目立っています。通訳案内士 (ガイド)というプロになる、ならないは別として、外国の人たちに日本を知ってもらう機会がますます増えていることは確かです。

そこで、外国の人たちと接触するとき、日本に対する好奇心から具体的な質問をあれこれ尋ねられることになります。うまく答えてあげられれば、さらに日本への関心は深まり、ひいては日本への正しい理解が生まれます。これからは、このような経験を通して、日本人が自国に対する洞察をより深化させることにもなります。英語で日本について語れる英会話力は、国際人の大切な条件のひとつとなったと言えます。






本校では、「通訳案内士 (ガイド) 」あるいは「日本を英語で語りたい方」の英会話力を向上させるレッスンを行っています。(口述試験対策あり)


■ 柔軟性のある英会話力

受験テクニックに頼らない、英語発話力そのものを伸ばすレッスンです。
テキストの丸暗記や受験テクニックは、 通訳ガイド試験でも、ある程度役立つものの 、日本の事象や文化に関する正しい知識をともなった英会話力の養成そのものにはつながりません。 その原因は、丸暗記した内容が学習者の英語力に見合っていないため応用が効かないことで、好ましくない結果を試験においても、現場においても招くことになります。多くの外国人の質問者は、あなたの言葉であなたの意見を聞きたがっているのです。

■ 英語で知識を増やす


たとえば、京都御所を英語で通り一遍に案内した後で、外国人から日本の天皇制やその歴史について具体的に尋ねられたとします。 天皇制については日本語で読んでいたので、日本語でならどうにか返答できるものの、英語となるとしどろもどろになる、というのでは質問者の理解を深めてあげることはかないません。レッスンでは、実際に外国人が関心や好奇心から投げかける質問に対して、英語で柔軟に答えられるトレーニングをします。日本に関する一般教養もすべて英語で学習し、模擬の質疑応答 練習があります。英語で知識をじかに頭に入れておけば、即、会話力に生かされるという大きな利点が生まれ、短期間で英会話力を伸ばせることができます。

■ 英語で日本を語る楽しさ

日本のことを学び、日本を英語で紹介するためのレッスンは楽しいものです。ところが、試験で点数を取ることのみにとらわれると、本来の学習の目的や自分が達成したい英語力を見失うことになります。これでは、本末転倒です。レッスンでは、「自分の英語で日本を語りたい 」という学習動機を大切にして 、単なる受験勉強に留まらない楽しめるレッスンを提供しております。そのことが、より高い学習効果を生みます。

今すぐ詳細を問い合わせる


受講生メッセージ

Satoko Kawai さん (通訳ガイドレッスン受講・大学生)

交換留学生としてオーストラリアから日本にきた大学生たちを連れて、大阪から京都に来て案内をした経験がキッカケでした。好奇心から想定外の質問をいろいろとしてくるオーストラリアの大学生に、少しも満足のいく返事ができなかったのです。英語で日本のことをもっとたくさん教えてあげたい、と思うようになりました。ガイドブックに書いてあることなら、ガイドブックを渡せばすむことですが、私の意見や考えを求められることが多かったわけです。わたしは、英会話はなんとかできると思っていたのですが、日本についてあまりにも無知な自分に気づきました。Jay 先生は 「僕も日本に戻ってから、日本語を学び直し、日本について学び直したんだよ。新しい視点で、日本を学べることは外国語を知るものの特権です。」と言われました。先生のレッスンを受けていると、日本のいろいろなことを英語で話すときの工夫とかコツのようなものが学べます。わたしは、なにより、先生の博学に驚いています。ひとつの目標として通訳案内士の試験を受けてみるつもりでレッスンを受けています。




⚫️ ビジネス英会話

効果的なビジネス英語コミュニケーション力を習得する英会話レッスン
お試しレッスン後、正式に入学される場合は入学金が発生します。

お試し料金: 入学金免除  2 回15,000円 (1回 60分/ テキスト代込み/ 税別)

好評のため、「お試しレッスン」の受講申し込みはお1人様、1度限定とさせていただきます。



ビジネスで結果を出せる英語力を養成します。ビジネスシーンで通用する実践的な英語力、ロジカルシンキングや発想力といった考える力、海外ビジネスで成功するために相手の行動をうながせる骨太な英会話力を養成します。ビジネスで効果的なEメールの書き方も実際にパソコンを使って指導します。レッスンはレベル1とレベル2に分かれています。





■ Level 1
ビジネスシーンで欠かせない基本的な英会話力の修得


Level 1では、円滑にコミュニケーションができるためのビジネス英語表現といった内容に加え、グローバルなビジネス環境において、文化や価値観 が異なる人たちと協働する際に必要とされる知的スキルを学びます。英語力に関しても基礎であるインプット(聞く・読む)とアウトプット(話す・書く)を強化し、自分の考えが相手にしっかりと「 伝わる」、結果が出せる英会話力の修得を目指します。


■ Level 2
グローバルに通用するビジネスパーソンの英会話力を養成


Level 2では、プレゼンテーション等、実際のビジネスシーンで求められる英会話スキルの修得に重点を置くなど、実践力を重視。また、プロブレムシューティング 、マーケティング、会計、経営戦略などを英語で学んでいくことでグローバルに活躍できるビジネスパーソンとしての論理的思考力や問題解決能力も身につけ、国際ビジネスシーンでしっかり結果を出せる力を磨いていきます。





■ 英文ライティング オプション・レッスン (選択レッスン・別料金)

お試し料金: 2 回 5,000円 (テキスト代込み・税別)

ビジネス関連の英文を書くためのライティングと思考方法を学びます。論理的でわかりやすい英文の根底にあるロジカル・ライティングの基本知識をベースにして 、Eメール、企画書などいろいろなテーマの英文を書いてみる添削課題で、実際にWordで英文メールを作成して提出します。毎回、ビジネスライティングの経験豊富なインストラクターの添削で、明快なフィードバックをお届けします。

今すぐ詳細を問い合わせる


受講生メッセージ


Kazushi Nakamura さん (ビジネス英会話レッスン受講・会社員)

学生時代は1年間イギリスに留学していたんですけど、会社に入って外国人のクライアントさんを相手に商談となると、情けないことですが、自分の英語の未熟さを感じていました。ビジネスに特化した英会話レッスンを受けるべきだと考えていました。しかし、出張もあり、なかなか自由になる時間がないので、会社から通いやすく、できるだけレッスン時間に融通のきくスクールを探した結果、J’s School に決めました。入学して感動したことは、Jay 先生の無駄のないレッスンのスタイルです。ビジネス通訳をされているだけあって、私の分野で必要となる商談に適した英語表現や 表現の仕方をていねいに教えていただけるので大変役に立ちます。英会話に自信がついてくると、不思議なもので、自分の積極性も高まり、声も大きくなり、クライアントさんとの英語での社交会話も弾むようになりましたが、まだまだこれからです!


本校の鈴木さんがグロービス経営大学院に入学されました。

鈴木さんは本校のTOEFLレッスンを受講されて高得点を取得された後、Jay 先生のビジネス英語レッスンを受講され、MBA(経営学修士)取得のために、グロービス経営大学院の受験に備えておられました。本校には、MBAコースの準備レッスンには、鈴木さんのような熱心な受講者がたくさんおられます。
グロービス経営大学院は、MBAに特化した専門職大学院です。学生は全員が仕事と両立しながら学ぶ社会人のため、忙しいビジネスパーソンが学び続けることができるシステムになっています。
写真は入学式でスピーチをされている鈴木さんです。











J's school of English では、TOEIC、TOEFL、IELTS のテストを受験して高いスコアを出されている方がたくさんおられます。

当校は、受講生の方の本当の声を掲載しています。(全てご本人のご了承を得ております)


本校の主任講師は英米の大学での教授経験があり、留学試験の指導には定評があります。Jay先生は、TOEFL は 120、TOEIC は990、いずれも満点スコアを取得されています。Jay 先生の授業は、試験で高スコアを取るだけではなく、留学先でしっかりとクラスについていける英語力の習得に重点が置かれています。

同志社女子大学でも IELTS の授業をされている Jay H. Hiorta 主任講師。







Jay 先生と受講生の方です。





[受講生メッセージ]

西川佳孝さん (京都大学付属病院・医師 / IELTS 7.0)





「英語って何のためですか?」私たち医師にとって、英語は、コミュニケーションのための道具です。それは、診療の言語であり、研究成果を伝える言語でもあります。私は、世界へ向けて自分の言葉で正しく発信する力を身につけたいと思い、英語の学習を始めました。そして、この度IELTS 7.0 (L 7.0, R 8.0, W 6.0, S 6.5)を達成しました。
ちょうど昨年末だったでしょうか。以前から海外で活動したいと思っており、留学基準を調べたところ、overall 7.0が必要とわかり、Jay先生の教室の門を叩きました。Jay先生も私も理系出身ということもあり、すぐに意気投合し、週末に英語のトレーニングを始めました。最初はなかなか英語で会話も続きませんでしたが、次第に英語自体が楽しくなってきました。丁寧にご指導いただいたおかげですべてのスコアが伸び、特にSpeakingは5.5から6.5まで上昇しました。
教室では、テストのテクニックも教えていただきましたが、「移民問題」、「憲法」、「ワクチン」、「医療格差」などなど具体的なトピックを取り挙げて、真に役立つ英語をご指導いただいたと思います。
ひとまずの目標は達成しましたが、今後も学習を続ける予定です。例えば、イギリスの医師免許を申請するにはIELTS 7.5が必要とされ、オックスフォードやケンブリッジも7.5を一つの基準に据えています。発信力を持った骨太な医師になるため、これからも地道に英語力を鍛えていきたいと思います。







鈴木麻里江さん (リゾート会社勤務・TOEFL 90/ TOEIC 960)




私は現在、フルタイムの仕事をしながら、週に2、3回、個別レッスンを受けています。最初にJ's school of Englishの門を叩いたのは、MBA取得を目指し入学試験を受けるためにTOEFLのスコアが必要だったことがきっかけです。巷に様々な英会話学校がある中で、Jay先生と初めてお会いした時の直感で「ここしかない!」と即決しましたが、間違いはありませんでした。Jay先生は「英語」という枠を超えた深い見識をお持ちで、その経験に裏付けされた個別カリキュラムの授業はいつも刺激的です。
最初の数か月はTOEFL形式にとにかく慣れるための特訓でしたが、結果的にはTOEFLのスコアのみならず、TOEICのスコア、日常の英会話力、さらには速読力も向上しました。日々の濃密な授業の積み重ねが、確実な実力になっている!と痛感できることが多かったので、苦しい時期も乗り越えることができたのだと思います。
今は受験の結果を待っているところですが、すでにカリキュラムをMBAの授業に近い内容に切り替え、入学後を視野に入れた対策を始めていただいています。Jay先生には、エッセイの作成から面接の練習まで、様々な局面でサポートをしていただき、本当に感謝しております。受験をきかっけに、この学校に出会えたこと、先生方にたくさんの刺激をいただいたことは、人生にとって大切な経験となりました。これからも向上心を持ち続け、真摯に語学学習と向き合っていこうと思います。






北瑠衣子さん (大学生)



J's schoolを知ったきっかけは、同志社女子大学でのIELTSの授業です。Jay先生の指導のもと、この授業は私にとって、とても有意義なものでした。そして、進学を考えていた私は、このまま中途半端に英語の勉強を終わらせたくないと思い、留学を決めました。それを叶えるためには、IELTSが必須だったので、再び先生にお世話になることを決めました。授業はあっという間に時間が過ぎていき、毎回毎回、自分の英語力不足を痛感します。しかし、英作文の添削や教材の紹介など、先生からの様々な助けをいただいて、進学の夢に向けて頑張りたいです。


細木なおさん (大学生)



留学に必要なTOEFLのスコアを獲得するためにこのスクールに入学しました。授業ではコミュニケーションをとりながら、納得がいくまで丁寧に指導してくださいます。TOEFLはアメリカの大学の一回生のテキストの英語程度ですので、これまで学校で習ってきた英語とは違い、学術的な英語力が必要です。初めは自分の英語力ではなかなか上手くいかず落ち込みましたが、今は英語に抵抗を持たず、様々な分野を英語で学べる楽しさを感じています。Jay 先生のご指導に感謝しています。


[受講生メッセージ]もご参考にしてください。


● IELTS 総合対策 スコアアップレッスン 


 短期集中コースを実施しています!詳しくはお問い合わせください。


ELTS(International English Language Testing Systemは、オーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランドなどのほとんどの教育機関や最近では、アメリカの多くの大学でも利用されている英語習熟度を測る試験です。

日本で受験者が急増 - 世界でおよそ200万人が受験しています。

アメリカでも多数の大学など高等教育機関がTOEFLに代わる試験として、入学審査の際に採用しています。3時間以内のテスト時間で、4つの英語能力(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)が総合的に測られことが魅力となり、日本でも大学生を中心に、受験者数が急増しています。

IELTS強化ストラテジーを使ったプライベートレッスンでは、6.5バンドスコアは比較的短期間に取得できます。 受講生個人の弱点に焦点をあてる特別なレッスンだから効率的です。


対策レッスンでは、イギリスで IELTS 対策トレーニングを受けた専門インストラクターが責任を持って指導します。短期間に最大の効果を上げるために、レッスンはプライベート・レッスンになります。


詳細はお問い合わせ下さい。→ お問い合わせフォーム


[受講生メッセージ]


Rui Miyamoto (大学生)



私がJ's School に入学したのは、大学の指定校留学制度でイギリスの大学に留学するために IELTS の試験対策をするのが目的でした。高校生の時に、英語検定試験を受験したことがあるので、英検と同じような感じで考えていましたが。でも実際にIELTS の試験を受けてみると、英語のレベルが高くて、自勉できなくなりました。とくに、ライティングとスピーキングが私にとっては大きな課題です。Jay 先生の評判は、大学の友だちから聞いていたので、それがきっかけでスクールを知りました。Jay 先生は、とにかくすごい先生です。先生の授業はほんとうにわかりやすくて、英語が苦手な私でも時間を忘れるくらいに熱中できます。英文ライティングの添削をていねいにしてくださることも、大変助かっています。スピーキングも私が間違ったところは、まとめて詳しく日本語で解説していただけるので、少しずつ英語力がついてきています。初めは、テスト対策しか頭にありませんでしたが、今は英語への関心がふくらんでいます。留学できるのが楽しみです。


TOEFL総合対策 スコアアップ  レッスン

 短期期集中コースを実施しています! 詳しくはお問い合わせください。


国際基準としての英語テストのTOEFL

TOEFLは世界中の英語テストの中で最も幅広い国々で利用されているテストです。
サンフランシスコ大学写真 アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめ、130カ国9,000以上の機関が、TOEFLスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。日本では大学等の教育機関での学内単位認定や、入試優遇、留学生選考の目安として利用されています。


通訳スクールならではの効果的な対策メソッド

TOEFLのリスニング問題では簡潔なメモを正確に取れることで、後に続く設問での正答率が確実に伸びます。通訳者は逐次通訳 (短い発話毎に通訳する方法) では聴き取った内容を「メモ化」します。メモ化とは聴いたことをすべて書き取るディクテーションではなく、聴いた発話をすぐに思い出せるようにポイントを押さえて簡潔に整理して書き留めるテクニックです。このノート・テーキングの方法はリスニングテストでは大変役立ちます。

聴いた発話をすべてメモを取ることはできません。基本的には発話内容は「記憶」しておく必要があります。通訳者は短期記憶力を使って発話内容は「保持」(retention) します。リテンション練習を正しい指導のもとで続けることにより、聴き取った英語を記憶し、頭の中で再現 (思い出す) ことが容易にできるようになります。

TOEFLのリーディング問題対策としては、通訳トレーニングで使うギスト・テーキング (Gist-taking Practice) という長いメッセージから必要な情報だけをまとめて論旨を頭の中で組み立てていく訓練が効果的です。幹 (主要情報) と枝 (詳細情報) を意識的に読み分けていくトレーニングは、速読には欠かせないスキャニング (scanning) 能力を磨けます。長い文章から特定の情報だけを探し出すリーディングの技能はTOEFLでは威力を発揮します。

無料テスト対策カウンセリング

TOEFL の受験を控えている方、本校で対策クラスの受講をお考えの方、ぜひお越しください。「テスト対策カウンセリング」は随時無料で行っております。お問い合わせフォームから「テスト対策カウンセリング」の予約をお取りいただけます。ご都合の良い日時を複数、お知らせいただければこちらからメールにてご連絡を差し上げます。


★ 留学試験に関する詳しい情報は「留学試験対策サイト」をご覧ください ⇨ 詳細はコチラから




Kana さん (大学生) TOEFL iBT Score 90 達成!

[メッセージ]
自分でTOEFL の勉強をしているときは、なかなかスコアが伸びずあきらめかけていました。テスト勉強は面白くないし、自勉の限界を感じていたので、J's Schoolでプライベートレッスンを取って、がんばることにしました。わたしは文法とかの基礎力がなかったから、最初は思うようにリーディングとライティングができずに困りました。でも、先生たちの親切なご指導のおかげで、短期間で希望のスコアまで伸ばすことができました。やればできるやん。目標達成!です。「才能とは、続けられる力だ」というJay 先生の言葉が励みになりました。本当に Thanks!です。




山口 裕子さん  (大学院生)

[メッセージ]
使える英語を学びたい!そんな気持ちからJ’s school of Englishへ飛び込みました。 数か月後に短期留学が決まっていたため、そのための準備と、TOEFL対策が主な目的でしたが、実際、Jay先生始め、いつも温かく迎えて下さる先生方のもと、レッスンでは私の目的にあうよう柔軟に対応して下さり、少しずつですが英文やリスニングに抵抗がなくなってきたのを実感しております。 自分の言いたいことが英語できちんと伝えられないもどかしさを克服すべく、日々奮闘中です。


✴︎ 写真はご本人の了承の上、掲載しております。



⚫︎ 英会話・ビジネス英会話・通訳ガイドに特化した新しいウエブサイトが登場しました!


日常会話で役に立つ「英会話フレーズ・日常会話編」という Jay 先生のブログの連載が、新サイトの「英会話コラム」で始まりました。
ご興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。



J's School of English  英会話ウエブサイト

(文字をクリックしてください)




●利用しやすい留学準備テストとして IELTS の受験者が増えています!

IELTS (International English Language Testing System) の受験者が増えており、220万を超えています。本校にも対策授業の受講者が年々多くなっています。

大学でもTOEFL に加えてIELTS 対策コースを設ける大学が増えています。

イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ大方の高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わるテストとして入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超えています。英語力証明の標準テストとして世界中で広く認知されるようになっています。

本校の主任講師は、イギリスでIELTS 対策指導のトレーニングを受けており、正式なトレーナーとして本年度から大学でもIELTS 対策授業を担当します。


IELTS の受験を控えている方、本校で対策クラスの受講をお考えの方、ぜひお越しください。「テスト対策カウンセリング」は随時無料で行っております。お問い合わせフォームから「テスト対策カウンセリング」の予約をお取りいただけます。ご都合の良い日時を複数、お知らせいただければこちらからメールにてご連絡を差し上げます。


★ 留学試験に関する詳しい情報は「留学試験対策サイト」をご覧ください ⇨ 詳細はコチラから




佐藤暁子さん (大学生)Overall Band Score 6.5 達成




✴︎ 写真はご本人の了承の上、掲載しております。 現在、イギリスの大学院に留学中。

私は、大学3年生の夏頃にイギリスの大学院に進学したいと強く思うようになりました。そのためには、IELTSで基準以上のスコアを取ることはもちろん、海外の大学院で学ぶ際に必要な英語力をつける必要があります。とりあえずは英語力を付けなければと思ったものの、一人ではなかなか身につかず、不安や焦りを感じるようになりました。そこで英語学校に通おうと思い、複数の中から選んだのが、このJ’s School of English。個人に合ったカリキュラムを組んでいただけることが選んだきっかけの一つでした。私は個人レッスンを受講しており、Jay先生に指導して頂いています。レッスンでは、IELTS の主題形式に基づき、英語で、読む、書く、聞く、話すことのトレーニングを行っています。自分に何ができていないのかを、先生は的確に指摘してくれます。いただくアドバイスは、はっと気付かされるものが多く、毎回のレッスンにおいて確実に得られることがあります。納得して理解できるからこそ、習ったことが定着するのだと思います。自分の英語力はまだまだですが、イギリス大学院進学という夢を夢で終わらせぬよう、これからも精一杯頑張ります!



TOEFL総合対策 スコアアップ  レッスン

 冬期集中コースを実施しています! 詳しくはお問い合わせください。


国際基準としての英語テストのTOEFL

TOEFLは世界中の英語テストの中で最も幅広い国々で利用されているテストです。
サンフランシスコ大学写真 アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめ、130カ国9,000以上の機関が、TOEFLスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。日本では大学等の教育機関での学内単位認定や、入試優遇、留学生選考の目安として利用されています。


通訳スクールならではの効果的な対策メソッド

TOEFLのリスニング問題では簡潔なメモを正確に取れることで、後に続く設問での正答率が確実に伸びます。通訳者は逐次通訳 (短い発話毎に通訳する方法) では聴き取った内容を「メモ化」します。メモ化とは聴いたことをすべて書き取るディクテーションではなく、聴いた発話をすぐに思い出せるようにポイントを押さえて簡潔に整理して書き留めるテクニックです。このノート・テーキングの方法はリスニングテストでは大変役立ちます。

聴いた発話をすべてメモを取ることはできません。基本的には発話内容は「記憶」しておく必要があります。通訳者は短期記憶力を使って発話内容は「保持」(retention) します。リテンション練習を正しい指導のもとで続けることにより、聴き取った英語を記憶し、頭の中で再現 (思い出す) ことが容易にできるようになります。

TOEFLのリーディング問題対策としては、通訳トレーニングで使うギスト・テーキング (Gist-taking Practice) という長いメッセージから必要な情報だけをまとめて論旨を頭の中で組み立てていく訓練が効果的です。幹 (主要情報) と枝 (詳細情報) を意識的に読み分けていくトレーニングは、速読には欠かせないスキャニング (scanning) 能力を磨けます。長い文章から特定の情報だけを探し出すリーディングの技能はTOEFLでは威力を発揮します。

無料テスト対策カウンセリング

TOEFL の受験を控えている方、本校で対策クラスの受講をお考えの方、ぜひお越しください。「テスト対策カウンセリング」は随時無料で行っております。お問い合わせフォームから「テスト対策カウンセリング」の予約をお取りいただけます。ご都合の良い日時を複数、お知らせいただければこちらからメールにてご連絡を差し上げます。


★ 留学試験に関する詳しい情報は「留学試験対策サイト」をご覧ください ⇨ 詳細はコチラから




Kana さん (大学生)

[メッセージ]
自分でTOEFL の勉強をしているときは、なかなかスコアが伸びずあきらめかけていました。テスト勉強は面白くないし、自勉の限界を感じていたので、J's Schoolでプライベートレッスンを取って、がんばることにしました。わたしは文法とかの基礎力がなかったから、最初は思うようにリーディングとライティングができずに困りました。でも、先生たちの親切なご指導のおかげで、短期間で希望のスコアまで伸ばすことができました。やればできるやん。目標達成!です。「才能とは、続けられる力だ」というJay 先生の言葉が励みになりました。本当に Thanks!です。




山口 裕子さん  (大学院生)

[メッセージ]
使える英語を学びたい!そんな気持ちからJ’s school of Englishへ飛び込みました。 数か月後に短期留学が決まっていたため、そのための準備と、TOEFL対策が主な目的でしたが、実際、Jay先生始め、いつも温かく迎えて下さる先生方のもと、レッスンでは私の目的にあうよう柔軟に対応して下さり、少しずつですが英文やリスニングに抵抗がなくなってきたのを実感しております。 自分の言いたいことが英語できちんと伝えられないもどかしさを克服すべく、日々奮闘中です。


✴︎ 写真はご本人の了承の上、掲載しております。


PAGE TOP
ホームページ作成 京都 ホームページ制作
copyright(c)