インストラクターのご紹介

インストラクターのご紹介
  • contents
  • HOME
  • ご挨拶
  • Greeting
  • ご入学までの流れ
  • 料金
  • レッスンスケジュール
  • インストラクター紹介
  • スクールの特徴
  • レッスン内容一覧
  • 通訳トレーニングコース
  • 英会話レッスン
  • TOEIC対策
  • TOEFL、IELTS 対策
  • 小中高生レッスン
  • 企業英語研修
  • よくあるご質問
  • 生徒さんの声
  • アクセス・概要
  • お問い合わせ
  • BLOG
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報
J's School of English
〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下ル 水銀屋町637 第5長谷ビル2F
【休校日:月曜日・祝祭日】

京都市営地下鉄「四条駅」
地下3番出口直結

TEL:075-341-5055
FAX:075-341-5077

→Access map
  • モバイルサイトはこちらからfacebook
  • インストラクター紹介(Instructors) >
  • HOME
インストラクター紹介

※写真掲載以外にも登録インストラクターやスクール・スタッフが在籍しています。

スクール代表・主任講師 Jay.H.Hirota

スクール代表・主任インストラクター
サンフランシスコ州立大学・同大学院 (行動科学 Ph.D)
イクサス・インターナショナル会議通訳者

日本の大手通訳エージェンシーに所属した後、フリーランスとなりアメリカを中心に、講演、商談、交渉、法務等の分野で逐次・同時通訳者として活躍。大学や通訳養成校などで教えた後、通訳・翻訳専門会社 株式会社イクサス・インターナショナルを設立。会議通訳者として活躍する傍ら、イクサス通訳スクールやJ’s School of Englishで主任講師として受講生の指導にあたる。

私は通訳者として、さまざまなタイプの英語に触れてきました。アメリカ人やイギリス人といういわゆるネイティブ・スピーカーたちの英語だけではなく、インドやシンガポールなどアジアの国々の人たちが話す英語、ヨーロッパの人たちが話す多彩な英語。特に国際会議ではいろいろなお国なまりで英語が話されています。
たとえば、あるアメリカ人が日本人のあなたの英語を聞いて「君の英語は自然に聞こえない」と言ったとします。ところが、「自然」というのは誰にとって「自然」ということなのでしょうか?ここでは、このアメリカ人個人にとって「自然には聞こえない」ということですね。しかし、イギリス人にとってはどうなのでしょうか?インドの人にとっては?少し皮肉な言い方をすれば、日本人の英語がアメリカ人にとって自然に聞こえること自体、きわめて「不自然」なことだと私には思えます。言葉は文化を抜きにしては考えられません。アメリカ文化の中で育ったわけではない日本人がいくら言葉だけ「アメリカ人のように」話そうとして、たとえそのように話せたとしても、所詮、偽アメリカ人に過ぎません。
日本人が英語を学ぶ目的は、何も英米人のように振る舞うことでも話すことでもありません。大事なのは自律性です。だれかの真似をするのではなく、自分の英語力、国語力に磨きをかける努力を怠らず、相手への共感能力を含めた自分のコミュニケーション力を総動員して、自分を主体として相手と関わることです。
日本の通訳界のパイオニアのお一人であり日本を代表する通訳者である小松達也氏はご著書『英語で話すヒント』(岩波新書)の中で次のように述べられています。「アジアでもグローバリゼーションは自国の文化への意識を強める結果をもたらしています。確かに英語の使用は広まりつつありますが、それは自国の言語・文化を大切にする動きと共存しているのです」。
まったく同感です。また小松氏がお話になる英語は、日本人が英語を話す際にひとつの良いモデルとなる英語であると私は考えています。

Instructor Alicia Takemoto

みなさんは、なぜ英語を勉強しようと思われたのでしょうか。留学をしたいので高い語学力が必要だ、海外でプレゼンテーションをしないといけない、会社でTOEICの高い点数を求められている、などいろいろな目的があると思います。その目的や目標に向かって一生懸命努力すれば英語の力は必ずつくと思います。私たちがその手助けをできたらと思っています。英語を学ぶのではなく、英語で何かを学ぶ、それが大事だと思います。ぜひ一緒にがんばりましょう。

PAGE TOP
ホームページ作成 京都 ホームページ制作
copyright(c)J's School of English All Rights Reserved.